大切な人達と過ごす最高の時間

あえて小規模な結婚式にしてもいい

「家族婚」という結婚式のスタイルをご存じでしょうか。一般的な結婚式をイメージすると、両家の親族のほかに友人や勤務先の関係者まで招待する大規模なものが思い浮かぶかもしれません。しかし近年では、招待者をかなり限定したスタイルで結婚式(披露宴)を行う例が増えていて、これが家族婚と呼ばれています。家族婚という名称の通り、出席者は家族(親族)が中心です。友人・知人はよほど親しい間柄でない限り招待しないのが通例です。結婚後の生活で接点が多くなる両家の親族を招待することで、結婚式(披露宴)というよりも食事会に近いリラックスした雰囲気で結婚を報告します。一般的な結婚式と比較すると配偶者の親族と話す機会が増えるので、新郎新婦にとって貴重な場となります。

結婚式を家族婚で行うメリット

家族婚のスタイルを選ぶ最大のメリットは、新郎新婦が招待者とゆっくり交流できるところにあります。経済的なメリットとしては、招待者が比較的少ないため全体的なコストを抑えられます。一般的に、大人数向けよりも少人数向けの会場のほうが利用料が安い傾向にあるからです。ただし、披露宴で提供する料理や引き出物については、あえてコストをかける選択肢もあるので、必ずしも「家族婚なら低コスト」とはいえません。また、少人数であるため会場の選択肢が多いのもメリットです。ホテルを利用する例が多いようですが、人数によってはレストランを貸切で利用する方法もあります。家族婚は招待者の人数を予測しやすいので、会場選びには時間的な余裕がありますよ。

自分たちを大切に育ててくれた家族。一生に一度の大切な日だからこそ、結婚式を家族だけで過ごしたい、そんなあなたに家族だけの結婚式は両親に感謝の気持ちを伝える結婚式です。