二つの家族をつなぐ結婚式

家族とゆっくり語らう結婚式はいかが?

結婚式の主役は新郎新婦。それはもちろんのことですが結婚式とは本来、両家が家族になる大切な場所です。
友人や会社関係者に感謝の気持ちを伝えることも勿論大切ですが、まずは家族に目を向けてみましょう。
大人数の華やかな結婚式も御両親は鼻が高く喜ばしいことですが、少ない人数で家族や親族とゆっくりお話できる結婚式も素敵ですよね。
今は、親族のみでの食事会付き挙式というプランも充実しています。
普段なかなか言えない感謝の気持ちを、面と向かって伝えられるのはこういった結婚式ならでは。
なかなか会えない遠い場所に住んでいる親戚ともゆっくり話せる絶好の機会です。
美味しい食事を食べながら、自分や相手の小さいころのエピソードを聞いたり、二人のなれ初めを話したりしてみませんか?
きっと、お互いの家族が楽しそうに交流している様子は、一生忘れられない思い出になるはず。

両家の距離を近づける披露宴の演出

披露宴では、両家の席はちょっと離れて配置されているものです。
お互いのテーブルにお酌をしに回ったりはするものの、なかなかゆっくり話す時間は取れないのが現実。
では、コース料理ではなくビュッフェ料理にしてみてはいかがでしょうか?
ビュッフェにすることで、料理を取りに行くときに会話が生まれます。自然と立ち話をすることも増え、交流がもてますね。
また、披露宴の後半には新婦の両親への手紙という一大イベントが待っていますが
この時に新郎の両親にも手紙を読んでみてはいかがでしょう。
これからお世話になる義母、義父への想いを手紙に託し、花束と一緒に渡してみましょう。そして最後の花束は
新郎は新婦の両親に、新婦は新郎の両親に手渡すことで、きっと2つの家族が1つになる瞬間となるはずです。

お金がないから結婚式はあきらめるという方もいるでしょう。しかし、家族だけの結婚式で結婚の自覚を得るという事も今後の人生には重要なものとなります。